クレンジングは石油系界面活性剤不使用のを選びましょう

クレンジングは石油系界面活性剤不使用のを選びましょう

最近では界面活性剤不使用のクレンジングも多くなってきましたが、まだ石油系界面活性剤を使用しているものも多いようです。

 

間違えやすいのは無添加と記載されていて、肌に優しいと書かれていると不使用なのか?と思いやすいですが、実際は石油系界面活性剤不使用としっかりと書かれているのを見てから購入してみるとよいでしょう。

 

石油系界面活性剤は刺激が強いといわれていますが、強力なので油や汚れ等は簡単に浮かせて落とせます。しかし石油系界面活性剤の残留性が高く肌に浸透しやすいので肌のキメが乱れやすいというデメリットがあります。また敏感肌の方などは刺激につながりやすく、乾燥しやすくなるのでかゆみが出たり、赤みが出やすかったりします。またクレンジングの刺激とかも考えて石鹸選びで大切なのは、基本的にはクレンジングと同じ脱脂力だと思います。

 

今では石油系界面活性剤を使用しなくても同じ成分が植物性の両方から生成できるので植物性だから肌に優しいとは言えないので気をつけて選んでくださいね。肌の角質層が変異しやすいので、臭いが気になる方など代謝が落ちやすいから、体臭が気になる方は、ポリフェノール配合のノネナール対策石鹸でオヤジ臭を消す対策をしていくとよいですし、石油系界面活性剤が配合されていないのを選ぶとよいでしょう。

 

石油系界面活性剤というと普段台所用洗剤として使用されているのもあるので刺激的であると同時に洗い物をよくされる方で冬場なんかは手が赤切れになったりすることもあると思います。また石油系ではないですが、オレフィンスルホン酸は洗濯するときの洗剤なんかに使われています。

▲クレンジングは石油系界面活性剤不使用のを選びましょう 上へ戻る
クレンジングは石油系界面活性剤不使用のを選びましょう 先頭へ戻る